もうすぐ4月なのに

朝外に出たら、銀世界でした。
b0349129_20265778.jpg

一度片づけたストーブを再登場させ・・・
b0349129_20331950.jpg

今日は久しぶりにブローチなど作りました。
b0349129_20283433.jpg

明日から、素焼きした器の色付け作業です。
来月の展示に向けてのラストスパート。
[PR]
# by utuwaya-mitasu | 2017-03-27 20:37 | ブローチ | Comments(0)

あっという間の一週間

久しぶりに夫婦別行動でした。
安達くんは、十和田市現代美術館で開催中の「村上隆のスーパーフラット現代陶芸考」と「第四回ホテ山ビエンナーレ」を見に青森へ、その後愛知へ知人の陶芸家の仕事手伝いに、その後も神奈川に行ったり色々展示を観てきたようです。

私はほとんど自宅で缶詰でしたが、ガッツで一日浮かせて、三鷹市美術館で開催中だった「根付 江戸と現代を結ぶ造形 展」を観てきました。
b0349129_18241251.jpg

ユニークでアイデアに富んだものが多く、観ていて笑みがこぼれました。
そのあとは国立で雑貨屋さんやギャラリー、古書店巡りなどしてきました。
15年前に住んでいた、大好きだったアパートもまだ健在で、昔に思いをはせたり・・・

昨日安達君が帰ってきたので、今日は地元の美術館で開催中の「一粒の砂に世界を見るように」を観に行きました。
b0349129_18241977.jpg

これもまた良かった。
超絶技巧。

自分の話に戻りますと、最近はずっと作りたかった孔雀に挑戦しています。
b0349129_18243182.jpg

なんでも実物を見て作るように心がけています。
b0349129_18243643.jpg

年齢のせいか目が疲れて仕方がないし、肩こりが酷いのが悩みですが。
b0349129_18244571.jpg

作っている最中は楽しいのが救いです。
[PR]
# by utuwaya-mitasu | 2017-03-19 18:56 | その他 | Comments(0)

ひきつづき

プレートの制作をしています。
b0349129_16375546.jpg

毎度のことながら、ゆるいエスキースを描いて・・・
b0349129_1638248.jpg

それをもとに陶土で作りこんでゆきます。
b0349129_16381444.jpg

同時進行でカップも作っています。
b0349129_16383365.jpg

有難いことに1000個の注文。
大容量でも対応できるように、工房の棚をカスタマイズしました。
b0349129_16384478.jpg

せっせと、蟻のごとく働いています。
[PR]
# by utuwaya-mitasu | 2017-03-13 16:53 | | Comments(0)

春の展示予定

今のところ決まっている展示予定です。
4月8日・9日 ART&CRAFT静岡手創り市
4月29日~5月7日 益子陶器市
6月3日・4日 にわのわアート&クラフトフェア・チバ
b0349129_1671233.jpg

他にもいくつか出展の予定がありそうです。
詳細が分かり次第お知らせいたします。
[PR]
# by utuwaya-mitasu | 2017-03-06 16:08 | お知らせ | Comments(0)

春の器

もう3月ですね。
b0349129_15473456.jpg

以前、蝶のお皿に挑戦していると書きましたが(手造形に限界を感じ3Dに挑戦したものの、それも断念・・・)結局初心に戻って、気合で手で作っていました。
諦めなければ、かたちにできるものだと分かりました。
b0349129_15475752.jpg

安達君から「好きなものを作って良い」とGOサインが出たので、張り切って作っています。
忘れな草の小皿。
b0349129_1548610.jpg

忘れな草と蝶の小皿。
b0349129_15481695.jpg

他にも色々11種類出来ました。
目標は100種類・・・10年先になるか20年先になるか分かりませんが。
[PR]
# by utuwaya-mitasu | 2017-03-06 15:59 | | Comments(0)

春の器

空の色をイメージしたスカイシリーズも出来上がってきました。
b0349129_9151819.jpg
b0349129_9152635.jpg

輪花皿も色々作っています。
b0349129_9153684.jpg

全部ロクロでひいて、模様は手彫りです。
b0349129_9155299.jpg

作るのは大変ですが、出来上がって料理をのせると気持ちが上がります。

おまけ。
幼い頃、母親が卵の殻を使ったお雛様を作ってくれたのを思い出して、娘と作りました。
b0349129_916591.jpg

今月姪っ子が20歳の誕生日だったので、私が20歳の誕生日の時に義姉が花を贈ってくれたのを思い出して、器を贈りました。
自分がしてもらってすごく嬉しかったことを、リレーみたいに渡せる人が居るというのは有難こと。
[PR]
# by utuwaya-mitasu | 2017-02-28 09:36 | | Comments(0)

春一回目の本焼きが終わって

作品もどんどん出来上がってきました。
b0349129_1162921.jpg
b0349129_1162287.jpg
b0349129_1163716.jpg

ずっと蓮池が作りたかったので・・・
b0349129_1165537.jpg

4月からの展示に向けて、もっともっと作ります。
[PR]
# by utuwaya-mitasu | 2017-02-21 11:09 | | Comments(0)

奥出雲と鉄 たたらと刀

参加させていただいている展示会のお知らせです。
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

     刀匠と若手アーティスト10人の共創による、
        斬新な刃物と鍔10点を展示

    特別企画展「奥出雲と鉄 たたらと刀」を開催
開催期間: 平成29年2月19日(日)~24日(金) 11:00~20:00
会場: ショウケース(東京・港区 スパイラル1F)
入場: 無料
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

 鉄とともにある町、島根県奥出雲町(町長:勝田 康則(かった・
やすのり)※1)は、「玉鋼(たまはがね)」をテーマにした特別
企画展「奥出雲と鉄 たたらと刀」を平成29年2月19日(日)から24
日(金)まで、ショウケース(東京都港区南青山5-6-23 スパイラ
ル1F)で開催します。
 「玉鋼」は、日本刀の材料として刀匠にのみ提供される貴重な鋼
で、たたら製鉄という日本古来の製鉄法でのみ製錬されます。「玉
鋼」や日本刀そしてたたら製鉄のもつ価値を世界に向けて発信する
ための一歩としてこの発表会を行います。
 今後、本展で試作制作した作品をもとに、2020年に開催される東
京五輪の記念品としての採用を目指してプレゼンテーションを行っ
ていきます。

 本展の最大の特徴は、日本を代表する若手刀匠3人の「技術」と、
気鋭の若手アーティスト・デザイナー10人の「感性」のコラボレー
ションによって創り出された点です。伝統的な「たたら製鉄」(※2)
から生まれた「玉鋼」の新しい可能性を示しています。「刃物」と
「鍔」(つば)それぞれ5点、計10点の作品と、無鑑査認定および
東京都無形文化財刀匠 吉原 義人(よしはら・よしんど)氏作の
日本刀を展示します。なお、作品のデザインは、若手クリエーター
を紹介する公募展形式のアートフェスティバルであるSICF(スパイ
ラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)出
展者を中心とした公募の中から選びました。
 「刃物」は、包丁やナイフといった既成の枠に囚われないデザイ
ンでありつつも、実用性を損なわない新たなカテゴリーの「刃物」
を提案しています。
 「鍔」は本来、刀剣の柄と刀身の間に挟んで手を防護する部品で
すが、最近では伝統工芸品として外国人観光客から人気が高まって
います。刀匠の技術とアーティストの感性により、「鍔」の新たな
可能性を提示しています。
※1 奥出雲町は島根県の東部、中国山地の山間にある小さな町で、
  古来より良質な砂鉄が採取されます。その歴史は古く、『出雲
  国風土記』(733年)には、「たたら製鉄」によって本町一帯
  で鉄が作られ、その品質が優れていたことが記されています。
  また、『古事記』『日本書紀』ではスサノオ降臨の地として記
  述され、ヤマタノオロチ退治と天叢雲剣の出顕という「鉄の神
  話」の舞台にもなっています。
※2 「たたら製鉄」とは、炉の中で砂鉄と木炭を燃やして、日本
  刀の原料となる「玉鋼」という優れた鉄を生み出す製鉄技法で
  す。一度に砂鉄10トンと木炭12トンを使い、「玉鋼」を含む3
  トンほどの鉄の塊を得ることができます。村下(むらげ)と呼
  ばれる技師長のもと、三日三晩に及ぶ不眠不休の作業が続きま
  す。


        「奥出雲と鉄 たたらと刀」 概要

■主催:奥出雲町/奥出雲たたらブランド推進会議
■プロデュース:株式会社ユニバーサルデザイン総合研究所
■企画制作:スパイラル/株式会社ワコールアートセンター
■開催期間:平成29年2月19日(日)~24日(金) 11:00~20:00
■主な展示品
[1] 刃物 5点及び鍔 5点
  (アーティストと刀匠によるコラボレーション作品)
[2] 玉鋼 (1級品)
[3] 日本刀 <2尺5寸長>、小刀数点、鍔 (吉原 義人 作)
[4] 鍔 (江戸時代 雪文様)
         ※予告なく変更となる場合があります
■会場:ショウケース
    (東京都港区南青山5-6-23 スパイラル1F)
■交通案内:地下鉄銀座線、千代田線、半蔵門線 表参道駅
      B1、B3出口すぐ
■入場料:無料

古来の技法と刀匠の技が感じられる、貴重な展示となっております。
私は器のデザインの延長で、星と蝙蝠のモチーフの鍔を提案させていただきました。
b0349129_10581836.jpg

私のデザイン画(手描き)を元にCGイメージの作成もしていただきました。
実物は展示会場でご覧になれます。
金曜日までとなりますので、是非お越しください。
[PR]
# by utuwaya-mitasu | 2017-02-21 10:57 | お知らせ | Comments(0)

蝙蝠皿

焼き上がりました。
b0349129_1145435.jpg
b0349129_11451248.jpg
b0349129_11451814.jpg

考えていたものがかたちになると、嬉しい。
[PR]
# by utuwaya-mitasu | 2017-02-17 11:46 | | Comments(0)

春の気配

月に一度花を買いに出かけますが、今月はチューリップにしてみました。
b0349129_20211661.jpg

春の花は見ていると元気が出ますね。

工房の中も(まだまだ寒いですが)春っぽくなってきました。
b0349129_20262440.jpg

蝶のカップもチューリップがモチーフです。
b0349129_20222737.jpg

焼き上がりは、少しづつアップしていきますのでお楽しみに。
春の展示予定も近日中にお伝えできたらと思います。
[PR]
# by utuwaya-mitasu | 2017-02-14 20:26 | | Comments(0)